スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーティストアクロ 55~56話の感想 と、アーティストアクロバトン

まずバトンから


アーティストアクロバトン


◆アーティスト・アクロ◆らんく、夜鳥小屋
を運営してる飛夜鴣さんの所からいただいてきました!ありがとう!

*アーティストアクロ歴はどのくらいですか?

→1年と、この時(8/22)の週刊誌の6話分だから、約13ヶ月以上。1話からずっと。

*出会った時の気持ちは?!(笑)

→おお!師匠(福地翼先生)の漫画も好きだし、期待できる…!と、初めは、『師匠の元アシスタント』として見てしまってたんですよね…。今は桜井亜都先生の作品として好きです。

*好きなキャラは?(複数可)

→アクロ、スバル、デコ、ネネとか…大体のキャラを語ってくれても十分喜んで聞くくらい。

*では逆に苦手なキャラは?(複数可)

→特になしですが、3巻のマリオは「何をさらすか、この~(自主規制)が!」

*どのキャラ同士が絡んでるのが好き?

→友情なら誰でもいいという、アクロ好きの中では亜種な奴。

*ぶっちゃけ、BLいけますか?

→軽くなら…。
普通<自分の領域<キス
の程度。

*↑で「はい」と答えた人に質問。好きなカプは?



*では、俺の好きな四人について質問します(^w^)
→アーティストアクロが好きなら大歓迎!

*アクロ、どう思う?

→基本的にギャグ担当、意志は目茶苦茶通しまくるカッコイイ奴。

*アクロのトンガリどうしたい?

→ガシッ!

*トンガリって言うなぁ!

→ごめんごめん(笑)

*デコ、どう思う?

→基本的にツッコミ担当、頑張ってる子だし、ずっと信じててよかった。

*デコのエア・モンスター、どの子がとくに好き?

→動物好きにそんな質問されても目茶苦茶迷いますよ…もう、皆好きだ!

*デコの鉢巻き……。

→ハチマキ取れた時、正直惚れました←

*スバル、どう思う?

→ボケツッコミの両刀使い。スイカとやたらいじられつつ、自分に素直になってきたカッコイイ子(ちょっと違う)

*ぶっちゃけ、スバルの体力の無さ、どう思う?

→アクロといれば確実に体力がつくよ?(笑)

*スイカと言えば。

→昔は共食い(※3巻カバー)してた坊ちゃん←

*バロック、どう思う?

→歪んではいるけど、本当は自分の作品想いないい人。ツッコミ担当のS。

*スバルに倒されたあとの…メメンサのあれ、どう思った?

→そんな殺生な!Σ(゜゜;

*バロックとメメンサって…どういう関係だ?!

→え…目玉が凄い、友達<バロメメ(雑)

*最後!アーティストアクロについて一言(b^ー°)


大好きだー!


*ありがとうございました(≧∇≦)好きな人二人に気が向いたら回そう♪


フリーにしときます。
人が多すぎて選べない(苦笑)


追記に55、56話を。
(56話だけ少し長いです)



アーティストアクロ55話

わざわざコマをコピーせずに書いてる…。※54話と似たコマ

『ブラック・ボックス』の壁に技巧は効かず、閉じ込められた。

モニ太は説明、案内役をするみたいです。

ルールは用意された演目に登場するアーティストと戦って勝つ事で進める…ゴールは最上階で、土産は日記。1対1?

目的、主催者は不明;…は、クラウンじゃないのか!?

アクロが参加すると言った途端、上から大量のブランコと一人のピエロが…まあ、クラウンじゃないよ。

なんか暗い…

て事なかったよ、ブッチー。むしろベラベラ話す奴か(笑)

聖・バーナード氏の帽子。セント・バーナードは犬。

襟元のデザインはCHIWAWANブランコ。チワワも犬。
ボタンはブラックウルフの銀の目玉。狼も犬の仲間。


なんだこの人(笑)しかも効果音が一部、「ウオオンッ」て。犬だ!この人、犬だ!

布は虹カイコの糸…そりゃ、この作品では虹、よく出ますもん。

ブッチー、アホっぽいけどなー…

まあ、バトル開始。ブランコの形、チワワに見えるのって自分だけ?これも効果音「ウォンッ」ですし(苦笑)

元々招待客はアクロだけでしたから…元からアクロにクリアしてもらいたいみたいです。

ブランコも、アクロが触れたら電気が走る…と。

ブランコは素材が負の感情エネルギーのために使えないとか。

つまり、アクロがブッチーを技巧として使うか、またはやられるかが試される。

ボスにも犬と言われてるじゃん(笑)

ぎりぎりの所でアクロはブッチーに触れて技巧を使…


…わない!そんな訳ないです!服だけ剥ぎ取って丸めてしまいました(笑)

億をこえるモノがパーに!(爆笑)

ブッチーが動こうとしますが、さっき服を剥ぎ取られた時に帽子も固定されている…

ボス、あんた大損だよ(笑)

縄でまとめたブランコをブッチーに投げ付け、

タイトル、『死に装束に凝った結果、身動きのとれなくなった哀れな男!!!』

長っ!?というか、今回は完全にギャグバトルです!メッセージのある!

へー…技巧を服だけに使うのって難しいんだ;

人を素材として使う覚悟を試された訳だけど、アクロにとっては『捨てる時じゃなく貫き通す時に使う』もの。

人に技巧を使うのはアーティストとしての誇りを捨てるコト。

ブッチーも何か言おうとしますが、ネネに踏まれて気絶(笑)本人は気付いてない←

次への扉が登場。

スバルが、部下だろうと死を選ばせるボスを思いながらこの話は終わり。


4巻のオビは福地先生が書いて下さってるけど、本当に価値があります。



アーティストアクロ56話



オフ会の後だったから頭痛に悩まされつつコンビニへ走りました。
母がいない間に家を飛び出して←

コンビニで「ひ!!?」とか言った馬鹿は私です(苦笑)

だって最後のコマで、抑えてた色んな感情が吹き出してしまいましたし…(読めば分かります、読めば。)

ちなみに今週は某巨大掲示板で珍しくネタバレされてて1回は読んでましたが…おおざっぱに読んだのもあるけど、本誌で読んだ方がもっと面白かったです(少なくとも、小説専門の方々に頼む方が感動できます)

それでは本編に。

次の階へ着いたアクロ達ですが、どうやら扉を移動する時は「ゼリーのつまったよーな変な空間」

どんなんですか…それ(苦笑)

アクロは気を抜かずに行こう、と声をかけたけど…デコは?どこ行った?

次ページ行ったら分かりましたが、デコだけ別の部屋に飛ばされたらしいです。

部屋が広く書かれてる分、孤独感が…何故後ろに壁じゃなくてオリが…

誰もいなくて不安になり、戻ろうとするが扉は消えてしまう。

これではアクロ達と合流できない。なんでこんな事に?(゜゜;

「お前だけハズされた」

は!?どういう事だそれ!

そこには巨大な象みたいなモンスターと、先にトゲの付いた鉄球を持つ、象の面を被るエレバスというアーティストが。

乗られた象(と呼んでおきます)は威嚇し、異様な雰囲気を放っている。

デコも、怖くて思わず体が震えていた。

象は『ぐるぐるの森』という場所の奥地で捕まえられ、技巧でいじられたモンスターとの事。

エレバスが説明する途中に象が雄叫びを上げるのですが、それだけでエレバスに鉄球で殴り付けられる。

いくらなんでもやりすぎでは…(動物好きです)

エレバスから質問。

「お前みたいな弱っちい奴が、なんでこんな所にいる?」

弱いだと!?そんな事ない!…と、私は言いたいですが、ボスがそう決めつけたか;

というか、ブッチーの話も思い出して、今週のエレバスの話も読み返したけど、なんで「ボス」なんだ…?クラウンじゃないの?

ただ放り出すだけじゃつまらないと、演目ではなく、つなぎのショーとして戦う事になった。

はあ…。なんでそんなイメージが強い…。

た、確かに一般がアーティストアクロで「この中で1番弱そうなん、誰よ?」なんて聞けばありそうな…複雑だけど。

エレバス、が、象に乗りながら襲い掛かって来た。

急いで防ごうとモンスターを描くが、イメージが固まらず失敗してしまう。攻撃を避け、ポテト、チョコ達(エア・モンスター)に出口を探させるが、その時に蹴り飛ばされてしまう。

ボギィッ

え?ちょ、今なんて?

自分だけの力で勝てっこない…どのモンスターを描いたって戦えない。

マシュマロで逃げようと考えるが、さっきの攻撃で、唯一使える左手が折れ、動けなくなる。

選択肢、ゼロ。

逃げる事も、対抗する事もできない。

怪我をしてない右手に筆を握るが、今まで右手で描けた事なんて一度もない。上手くいくハズがない…

象の鼻で筆を払われてしまった。

エレバスは言う。最も原初的な感情は恐怖。世の中、喰うか喰われるか、恐怖を与えた方の勝ち。今のお前は喰われる側。

デコは怖くて震えたままだ。

エレバスは言い続ける、
「恐怖で支配する奴が、一番強い」だから象も一日中殴りつけ、恐怖を植え付けているから決して逆らわない。

それが…本当に強いってコト…?

『トンだら速かったブタ』に乗ってる時にネネが聞いてきた。何故、旅をするのか?

「強さ」って何か、どう表現すればいいか、それを知りたい。それの探究が自分の作品のテーマだから。

アクロ<強い人>といると、強いコトが何か分かる気がするから。

アクロはそれを聞いてどういう訳か笑ってる。

デコは強いんだから、自分を信じる事から始めた方がいい、と。

そう、デコが今まで知ってる強さは自分を信じ、相手を信じ、そのために体を張れる。

けど、自分は土壇場で自分の事も、モンスターの事も信じてなかった。

デコはそれを悔いるが、それより先にやる事がある。

エレバスを倒し、恐怖で関係を繋ぐ事なんか強くないと証明する事。

余裕に思うエレバスは象の上であぐらをかいている。

ポテト達が筆を投げてくれて、それを受け取る。

信じてみる。

もう少し、自分を信じてみる。


エレバスは、左手が使えないお前にできるコトなんか、ひとつもない、と言いながら攻撃し、象にデコを攻撃させる。

かすったが、もう倒れはしない。よろけても、しっかりと足で地を踏む。


(次の、最後ページのコマで…)


さっきのエレバスの攻撃で、いつも巻いてたハチマキが取れた。


描けるよ…

今のボクなら描ける。

お前みたいな奴に引くわけにはいかないから。




という所で今回は終わりです。
…もう今回は感動してました。「ひ!!?」とか言ってるくらいですし(苦笑)

アーティストアクロ初期からデコを信じてて、本当によかったよ。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

夕焼けポスト

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

嵐会 陸

Author:嵐会 陸
管理人名:嵐会 陸(あらしえ りく)
   (英名)PBCT(パブクト)


血液型:A型

星座:魚座(3月7日)

好きな物:漫画、イラスト

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。