スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巻き戻しと次回予告

サイケまたしても 3巻発売されましたね!
気合い入った時計だらけの赤い表紙が目印です。

本当は単行本のオマケメインの感想書いてから載せようと思った記事ですが、リアルが研究室で忙しいので先に載せる事にしましt(蹴


単語一つからダラダラと考察してます。
ネタバレしか無いので3巻読んでから見ることを推奨します。








ユメヲさんの「能力消去」という台詞のルビがサンデー掲載時では「のうりょくデバッグ」だったのが、「オラクルデバッグ」に変わってました。
その言葉が気になって調べたら凄く長くなったので、自分で整理するためにも書いておこうと思います。

「デバッグ」は誤り(バグ)を修正する意味で、実際ユメヲさんにとっては人生を狂わせる能力を消すものなのでピッタリに思います。

では「オラクル」って何を指すんでしょうか…?


―神託[シンタク](oracle)―
人間には判断できない難問解決のために求める神のお告げ。
厳密には神の言葉、一般にはつきもの、夢判断、占いを含める。
神託を得る方法には、神憑り、夢託、占い、…神前の水に落とした油の形状などがある。
形態には、非職業的宗教者であり不思議な能力をそなえた預言者などが無意識的に神の意志を伝えるものと、巫女、シャーマン、サイキなどと呼ばれる特定の人間が神憑りし、あるいは占いをして神の意志を伝えるものがある。
※ ブリタニカ国際百科事典 神託[シンタク](oracle) のページから一部引用


…気になるワードが沢山ありますね。


一応は、「神」から託された「不思議な能力」が一番有力と考えてます。
本編でもユメヲさんが、人生を狂わせる可能性のある能力を消すために使ってるので。
「預言者」というワードも、形が違えど未来予知が出来る斎下君、ユメヲさんに該当するので気にはなってますね。

「神のお告げ」と「夢診断」見てるとユメヲさん関連?とも考えられます。
でもオマケ漫画で「余地夢」とハッキリ言ってるので違うみたいですね。



「神前の水に落とした油」は無理矢理ですが、「水」については2巻にあった福地先生のコメントも気になりますし、「神」は1巻の時によく出てきたワードでした。
「オラクル」の説明一行目にある「神からのお告げ」が能力であれば、斎下君の能力が覚醒した状況そのままですし。
「サイキ」は英語にすると「psyche」で、「魂」「精神」や「霊魂の化身」を表します。
これはWikipediaで知りましたが、斎下君の名前の由来でもある「psychedelic」という言葉が出来るまでの一説だとかなんとか。
斎下君の名前に使われる漢字の中にも気になるものがあります。
「斎」は「神」に関連する名詞についていれば、「忌」にも繋がり、「死」を穢れとみなしてそれを清めるという意味もあるらしいです。
後者が少し不吉に聞こえますが、モグラ池で溺れるとその日の朝に戻るのと似てるように思えます。
「葛」も自分には風の初期症状に効く「葛根湯」に使われるイメージで神には関係ないですが、花言葉は「芯の強さ」で彼らしいのではないでしょうか。



少し話の脱線もありましたが、ユメヲさんが「能力消去」を使用しても斎下君の能力が消されなかったのは、
彼が気絶したから「能力を放棄する」宣言をさせられず条件満たせないためこれ以上やっても無駄というのもありますが
斎下君の能力自体がもしかしたら『サイケまたしても』で出てくるかもしれない「神」という存在に深く関わるのかもしれないと考えてます。
他にもモグラ池のこと、ユメヲさんと氷頭君が能力二つ使える理由とか、斎下君がこの先どんな風になってしまうのか楽しみで仕方ないです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

夕焼けポスト

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

嵐会 陸

Author:嵐会 陸
管理人名:嵐会 陸(あらしえ りく)
   (英名)PBCT(パブクト)


血液型:A型

星座:魚座(3月7日)

好きな物:漫画、イラスト

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。